FC2ブログ

ラーメン☆ビリー PLUS

20190916_134448653.jpg

昨年の8月にオープンした ビリーPLUS さんにようやくお邪魔しました。

店舗入ってすぐの券売機で「らーめん(780円也)」を発券します。
店内はちょうど満席で、食券回収とオーダーを聞かれた後、店の前のコーンのところから並んで待つように案内をされます。
にんにく、ラー油をオーダーします。

待ち行列の先頭となったところ、次々に客が並びます。
仙台四郎になったところで席の用意が出来たようで、店舗に招き入れられます。

20190916_134951937.jpg

そこからは標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。 

いつもの変わらぬ味でした。おいしゅうございます。

ラーメン☆ビリー PLUS



関連ランキング:ラーメン | あおば通駅広瀬通駅仙台駅


スポンサーサイト



オクトーバーフェスト_2019(その弐)

20190916_120425372.jpg

子供四号に連れられてオクトーバーフェストにやってきました。
まずはビールをいただきます。

20190916_120641853.jpg

この日は小雨が降っていたので客が少なく、大テントに入ることが出来ました。
子供四号が学生時代にイベントのバイトをしていた蔵ビールさんからいただきます。

20190916_121705673.jpg

ちょうどステージではドイツバンドが客を巻き込んで演奏しています。
手拍子を求められるのでそれに応じていると、なかなか飲む暇がありません。

20190916_124450205.jpg

ジョッキを返却した後は 高畠ワイナリー のお酒をいただきます。

20190916_131942771.jpg

こちらは本当にガラガラです。
肌寒い感じすらするので、風邪を行かないように適当に切り上げます。

ごちそうさまでした。


旬菜‐小豆_1909(その弐)

20190917_181242631.jpg

この日も 仕事のできない同僚と組まされてほとんどの仕事を一人でやっている(あくまでも本人談です。)おぐちゃんからやってられないと連絡がありました。
ガス抜きをしてあげないと精神衛生上非常によろしくないので、小豆に集合です。

それなりにお客さんは来るようで、東北地建の移転でどうなるのかと思っていたのですが何とか頑張っています。それでも週末の金曜日以外は仕込を減らして無駄な食材とならないようにしている様なので、多めの人数で行く場合はコースの予約が必須となってしまいました。

このままでは年度末に大変なことになると今から心配しているおぐちゃんに、適当に相槌を打ちながら酒を飲むのでありました。

旬菜‐小豆



関連ランキング:割烹・小料理 | 北四番丁駅勾当台公園駅




松屋 仙台八乙女店_1909

20190921_122218175.jpg

松屋にやってきました。
風除室の券売機で「牛丼並(320円也)+生野菜(110円也)」を発券します。

席について食券を渡します。

今から40年近く前の生野菜の値段は100円で10円しか上がっていない。しかも昔はでっかいビニール袋から
生野菜というよりは干し野菜と言うに相応しい状態のものを取り分けていたな!と懐かしんでいたところ、あっという間に注文の品が出来上がりました。

昔よりは味は良くなっている様な気がしますが、それでも吉野家やすき家の味にはまだまだかないません。(個人的な感想です)
それでも松屋があると入ってしまうのはなぜなんだろう。
青春の思い出 ですかね。

松屋 仙台八乙女店



関連ランキング:牛丼 | 八乙女駅泉中央駅


はなまるうどん 仙台イービーンズ店

20190922_120114220.jpg

エンドーチェーン仙台駅前店(今はイービーンズと呼ぶのが正しい!!)にやってきました。
朝市側にある はなまるうどん に入ります。

美味しゅうございます。

はなまるうどん 仙台イービーンズ店



関連ランキング:うどん | あおば通駅仙台駅宮城野通駅


2019富山の旅(壱日目その壱)_米山SA・上りフードコート

20190927_075921723.jpg

北陸自動車道米山サービスエリアのフードコートです。
この日の朝食は「栃尾油揚げ蕎麦(630円也)」食券を券売機で購入し、カウンターで提出します。ブルブルと半券を渡されるので水を汲んで席を確保します。

20190927_080035776.jpg

ぼんやりとテレビを眺めていると、ブルブルが震えてビー、ビーと音を立て始めました。消音ボタンを押して配膳カウンターに向かいます。

20190927_080215938.jpg

注文の品が出来上がっていました。
本場ものの栃尾揚げをいただきます。

美味しゅうございます。

20190927_080908389.jpg

食後は腹ごなしで海の見える方へお散歩です。

この日は高速の早朝割りを利用するため(3割引きになります)宮城インターを3時40分ごろ通過します。
順調に進んだと思ったのですが、磐越道の津川ICと西会津ICの間が6時まで通行止めなため、途中の磐梯山SAで仮眠をとります。結局、米山には8時過ぎに到着しました。
朝食後はまた北陸道を走り、9時40分頃に立山IC通過です。
後は観光バスと仲良く走って立山駅を目指します。

2019富山の旅(壱日目その弐)_立山駅周辺の駐車場は無料です。

IMGP3402.jpg

観光バスと仲良く走って10時15分頃立山駅の無料駐車場に車を停めることが出来ました。
約10分歩いて立山駅に向かいます。

IMGP3405.jpg

駅に近い方の駐車場はさすがにこの時間は満車でした。
立山~黒部ダムの往復券を購入です。
ケーブルカーは10時40分を指定されました。若干時間はありますが並んで改札時間を待ちます。

IMGP3408.jpg

改札が始まりました。団体客は乗車券の確認が無いのであっという間に吸い込まれていきます。個人客と団体客が同じペースで改札するのであれば絶対に座れる位置に並んでいたのですが、怪しげです。

IMGP3409.jpg

空席を見つけて座ることが出来ました。

IMGP3410.jpg

出発のベルが鳴って定刻に出発しました。

次の乗り物は高原バスです。左側の席に座れるようにそのまま待ち行列に加わります。

IMGP3413.jpg
IMGP3414.jpg

行列は途中下車の方の列と室堂まで向かう方の列があるので注意が必要です。ちゃんと室堂行きの列に並びました。
定刻の7分ほど前に改札が始まりました。
団体客は別なバスが仕立てられているので、このバスには個人客だけが乗り込みます。

IMGP3415.jpg

ちょうど定刻に発車します。
途中見どころの案内放送が入り、ゆっくりになったり止まったりしてくれます。
まずは称名滝で止まってくれました。

IMGP3419.jpg

IMGP3420.jpg

亞弥陀ヶ原を越えると紅葉が始まっていました。

IMGP3422.jpg

約50分程で終点室堂に到着します。
                                                                       まだまだ続く

2019富山の旅(壱日目その参)_室堂ではすぐにトロリーバス乗り場へ

IMGP3428.jpg

高原バスを降りると、そのまま駅舎内の反対方向に向かいトロリーバス改札口へ向かいます。
ちょうど待ち時間なしで臨時便を走らせてくれる様です。

IMGP3430.jpg

改札スタート!!でも走ってはいけません。

IMGP3431.jpg

一号車に乗るよう指示されます。

IMGP3432.jpg

車内は普通のバスと変わりません。運転席側が2人掛け、ドア側が1人掛けとなっています。
定刻になり、信号が青になって出発します。
次の写真はちょうど真ん中辺の離合場所。信号が赤になっているのでそこまで走って出発信号に変わるまで信号停止です。

IMGP3435.jpg
IMGP3436.jpg

無事離合出来ました。

信号が青になって出発です。

あっという間に終点です。

IMGP3437.jpg

次はロープウェイの改札に並びます。

IMGP3443.jpg

定刻の5分前(12時15分)くらいに改札が始まります。

IMGP3445.jpg

どうやら全員は乗れなかったようで、臨時便がこの後すぐ出るとの事です。

IMGP3446.jpg
IMGP3448.jpg

このロープウェイは途中に支柱が一本も無いのが特徴です。

IMGP3449.jpg

黒部ダムのダム湖が見えます。
あっという間に終点に着きました。
次の乗り物は地下ケーブルカーになります。改札に並びます。

IMGP3455.jpg

残念ながらこちらのケーブルカーは座れませんでした。ぎゅうぎゅう詰めで出発します。

IMGP3456.jpg

何も見えないので本当にあっという間に終点です。
今回は黒部ダム往復なのでこれが最後の乗り物になります。
トンネルを抜けるといよいよ黒部ダムになります。
                                        次回に続く

2019富山の旅(壱日目その髭)_黒部ダムでダムカレーをいただきます。

IMGP3459.jpg

真っ暗なトンネルを抜けると一転まぶしいばかりの青空が広がっています。
これも普段の行いがいいからでしょう。

IMGP3461.jpg

観光放水をやってくれていました。

IMGP3467.jpg

ダム湖を渡りきるとバッテリーバスで扇沢まで行って本来の立山黒部アルペンルート完走!!となるのですが、車の回送は事前予約割引を使っても2万円ほどかかるので、諦めます。

IMGP3467.jpg

ダム建設時の犠牲者を弔う記念碑に頭を下げます。

IMGP3468.jpg
IMGP3469.jpg

13時となりました。
若干ずれた時間なので空いているか様子見でレストハウスに入ってみました。
空席があるのでダムカレーをいただくことにしました。

IMGP3474.jpg

いたる所に食券購入前に席を確保するように張り紙が貼ってあります。券売機で食券を購入すると厨房に注文が入るのでそのまま席で呼ばれるまで待つようにと券売機に注意書きがありました。

IMGP3476.jpg

こちらがミイの黒部ダムカレーになります。辛口のグリーンカレーにカツがトッピングされています。

IMGP3477.jpg

ぶうちゃんのアーチダムカレーは甘口だそうです。
カツの半分をぶうちゃんにプレゼントします。

美味しゅうございました。

IMGP3478.jpg

食後の腹ごなしに放水観覧ステージに降りていきます。

IMGP3483.jpg
IMGP3484.jpg

トンネルの中では黒部ダム建設の様子等が展示されていてビデオ放映をやっていました。

IMGP3485.jpg

放水を間近に見ることが出来たのは良いのですが、帰りは良い運動をさせていただきました。

後は今来たコースを逆に室堂まで戻ります。
                                           その話はまた次回に




2019富山の旅(壱日目その伍)_玉殿の清水で喉を潤します。

IMGP3503.jpg

すっかり紅葉している室堂です。黒部ダムからそれまでの経路を逆に移動して戻ってきました。
まずは玉殿の清水で乾いたのどを潤します。
調べてみたところ、ミネラル含有量は、1L中にカルシウム5.2mg、マグネシウム0.3mg、カリウム0.2mg程度を含有しているそうです。

IMGP3503.jpg

みくりが池の周遊路付近までやってきました。会えるかなと思っていたライチョウには会う事が出来ませんでした。
約20年前に来たときは雪の大谷の時期だったので、雪が解けて温かくなった観光周遊路近辺に沢山いたのですが、やはりタイミングなものかもしれません。

IMGP3504.jpg

室堂ターミナル付近に戻ってきました。

IMGP3505.jpg

喫茶コーナーで休んで行こうかと思ったのですが、早く下山しろとばかりにまもなく閉店との事、券売機は営業終了となっておりました。

IMGP3506.jpg

臨時便が出るというので待ち行列に加わります。

程なくバスが到着、無事に乗車出来て出発となります。
16時半ころ、無事に立山駅まで帰り着きました。
今日の宿泊地 富山駅前 を目指します。
                                           その後の話はまた次回

2019富山の旅(壱日目その陸)_今宵はホテルクラウンヒルズ富山

大体17時40分頃、ホテルの契約駐車場であるJA駅前パーキングに車を停めます。そこからは5分くらい(信号待ちの時間を含む)でホテルクラウンヒルズ富山に到着します。チェックイン時に駐車場のサービス券を購入します。宿帳を記入してアメニティグッズを選択して部屋に向かいます。

IMGP3508.jpg
IMGP3509.jpg
IMGP3510.jpg
IMGP3511.jpg

部屋はこんな感じです。バスルームやバスタブが非常に狭い事が気になりますが、清掃はきちんとされています。
翌日の朝食は無料サービスです。

20190928_072755550.jpg
20190928_073803711.jpg
20190928_072200857.jpg

大変リーズナブルに泊まれました。




部屋に荷物を置いた後、焼き鳥の秋吉を目指したのですが満員で、近くのとり鉄で食事をいただきました。

20190927_182102240.jpg
20190927_181915117.jpg
20190927_181346871.jpg

ごちそうさまでした。
一日目は無事終了しました。次は二日目に続きます。

2019富山の旅(弐日目その壱)_最近流行りの冨岩運河環水公園

IMGP3515.jpg

富山の旅の二日目になります。
JA駅前駐車場から車を出して冨岩運河環水公園駐車場(無料)まで移動します。
車を降りた後は、世界一美しい「スターバックス」と富山県人が称している スターバックス の横を通り過ぎます。

IMGP3516.jpg

こちらが 天門橋 になります。こちらの上には展望台が2つあって、その間は赤い糸電話が結ばれているんです。
そんな年でもないので(本当は上るのに限界を感じたため)そちらは中国人観光客にお任せします。

IMGP3518.jpg

天門橋の中心から富山駅方面を望んでみる の図 左がスターバックス。中央よりチョイ右の高層建築はインテック本社。右側は富山市体育館。

IMGP3520.jpg
もう少し進んで橋のほぼ真ん中からもう一枚。

IMGP3519.jpg

反対側(岩瀬側)の左岸よりです。
これから乗船する 水上ライン の船が接岸しています。 船乗り場の右奥が富山県美術館。その手前にラ・シャンスという名のレストランがあります。

IMGP3523.jpg
IMGP3525.jpg

こちらが牛島閘門。この先がいたち川につながり県庁などの官庁街につながっています。

船の近くにあるチケット売り場に行き乗船券を買い求めます。10時10分発の岩瀬行きに乗ることにします。
                                                    
                                                    船の様子は次回に続く

2019富山の旅(弐日目その弐)_富岩水上ライン乗船記

IMGP3529.jpg

冨岩水上ラインの乗船開始となりました。
救命胴衣を付けさせられます。

IMGP3530.jpg

定刻となり出港します。

IMGP3533.jpg

ラ・シャンスでは結婚式を挙げているカップルがいました。ちょうど船が横を通るのに合わせて誓いの口付けをしていました。
シャッターチャンスを逃してしまいました。

IMGP3534.jpg
IMGP3535.jpg

いよいよ中嶋閘門に入ります。後ろのゲートが閉まると閘門の中の水が放水され、5分程かけて2.5メートルほど下がった海水面のレベルに達します。

IMGP3537.jpg

船頭さんの頭の上のライン(黒いところ)が元の水位です。

IMGP3540.jpg

下の水位と同じになったところで前のゲートが開きます。

IMGP3541.jpg

世界一とか日本一が好きな富山県人が自慢する、日本で唯一の観光用として使用されている閘門です。

IMGP3542.jpg

船が揺れるようになってきたと思ったらもう富山港まで来ました。
ちっちゃめですが貨物船も見えます。
まもなく終点の岩瀬カナル会館です。

IMGP3543.jpg

岩瀬の運河に入ってきました。波が穏やかになったと思ったら終点です。

IMGP3544.jpg

6組13人の観光客でした。

2019富山の旅(弐日目その参)_岩瀬浜から富山ライトレールに乗車

IMGP3546.jpg

カナル会館で船を降りた後は、富山ライトレールの岩瀬浜駅を目指します。

IMGP3548.jpg

ほんの数分で岩瀬浜駅に到着しました。停まっている車両に乗り込みます。乗車するとすぐに定刻発車となりました。

IMGP3550.jpg

ここはほぼ中間点。車両基地もある城川原駅です。

IMGP3552.jpg

街中は道路を走ります。約30分で富山駅北口に到着です。

IMGP3553.jpg

こちらは悪名高きシステム会社 インテック の本社になります。

IMGP3555.jpg

駐車場まで戻ります。

IMGP3558.jpg

これが富山市体育館

IMGP3557.jpg
IMGP3560.jpg

これが世界一美しいスターバックス

ようやく愛車FITに乗ることが出来ました。
                                お昼ご飯の話はまた次回。

2019富山の旅(弐日目その髭)_富山ブラックの後は反魂丹

20190928_125939400.jpg

車に戻ったところでちょうど昼時となりました。せっかくだからお昼は岩瀬スポーツ公園近くのアラキにしようと向かったのですが、さすがは富山一の繁盛店。行列がびっくりするくらい長くて諦めました。
で、第二候補の西町大喜二口店を目指します。途中で大喜根塚店の前を通りましたが、こちらは駐車場に空きがありません。
てなわけで、西町大喜に到着です。

入口の券売機で「中華そば 並(750円也)」の食券を購入します。フロア係にカウンターに座るよう指示されたので従います。
食券を渡ししばらくすると注文の品が出来上がりました。

20190928_124800557.jpg

根塚店よりは醤油の味が目立つような気がしますが、観光客から見ればどちらも大喜のラーメンです。
富山ブラックの場合、ラーメンとはチャーシュー麺の事。

美味しゅうございました。

食後は東中野の広貫堂を目指します。

IMGP3561.jpg

広貫堂本社内の広貫堂資料館を目指します。

IMGP3562.jpg

受付をすると栄養ドリンクをもらえます。

IMGP3563.jpg

その後ビデオ鑑賞をすると六神丸と熊胆園ももらえます。
中外印刷内外薬品のケロリングッズもしっかりと扱っています。
若干の土産物を購入した後は、次の目的地に向かいます。

2019富山の旅(弐日目その伍)_海王丸パーク

IMGP3566.jpg

広貫堂資料館を見学の後は、四方を通って新湊に向かいます。
数年前にできた富山新港を渡る新湊大橋を渡ります。
この橋は日本海側最大の斜張橋なのです。(くどいようですが、富山の人は 日本一 とか 世界一 とか 日本海でここだけ が好きなんです。)

IMGP3567.jpg

こちらは、数年前に新潟に二船置いているよりバラバラに置いておいた方が効果的と、新潟から無理やり引っ張ってきた「やひこ」です。富山、石川の海の守りは画期的に改善されました。

IMGP3568.jpg
IMGP3570.jpg

いよいよ400円のチケットを買って乗船します。

IMGP3573.jpg

まずはブリッジに上がります。

IMGP3574.jpg

カッターはこんな感じになっています。

IMGP3577.jpg

船室はこんな感じです。定員は8名です。

IMGP3579.jpg
IMGP3580.jpg
IMGP3581.jpg

診察室です。

IMGP3583.jpg

こちらは調理室。 蒸気釜で調理します。

IMGP3585.jpg

もちろん無効告示はされた後ですが、船舶証です。

IMGP3586.jpg

無線室です。

IMGP3587.jpg

舵輪です。帆船なのでここでかじを取ります。

IMGP3590.jpg

たっぷりと一時間は楽しめました。
横浜の日本丸と違って人がいないのがいですね。落ち着いて見学できます。
たしか本船は神戸と争って、一年交代で展示をするはずだったのですが、神戸市の大人の対応によって新湊に係留が決まったのではなかったなと思います。大人の神戸市さんに感謝!!

2019富山の旅(弐日目その陸)_今宵は氷見の民宿美岬に泊まります。

IMGP3611.jpg

海王丸見学後は、フィットのナビちゃんの言うとおりに、新港の細い道をぐるぐる回り、高岡でも渋滞に巻き込まれ、何とか本日の宿 美岬 にやってきました。 駐車場に車を停め、ちょっとだけ歩いて到着!!フロントは2階です。えっちらおっちら階段を上ります。

IMGP3607.jpg

氷見の民宿は(全部ではないのですが)大概は旅館のような立派な造り。部屋も耐火ドアで仕切られています。

IMGP3591.jpg
IMGP3595.jpg
IMGP3596.jpg

普段泊まる鳴子の旅館よりも立派な造りです。

IMGP3601.jpg

窓の外は阿尾の漁港、景色もなかなかです。この日は子供連れの家族が1組と9人の宴会グループ(2部屋)が泊っていて、計4部屋が埋まっていました。

IMGP3604.jpg

どうやら関取の手形のようです。

IMGP3597.jpg

夕食は18時30分から別室が用意されているのでそちらで、朝食は7時30分から大広間でいただきます。

20190928_163304956.jpg
20190928_163322117.jpg
20190928_164052333.jpg
20190928_164057444.jpg

お風呂はこんな感じ。一応温泉になっています。夜中だけはボイラーを停めるので、それ以外は入り放題です。
                                     長くなったので食事の紹介は次回。

2019富山の旅(弐日目その漆)_氷見の民宿美岬の食事。

氷見の民宿 美岬 に泊まりました。
まずは夕食です。指定の時間になったので302号室に移動します。仲居さんがすぐに対応してくれました。

20190928_183037739.jpg
20190928_183042920.jpg
20190928_183402383.jpg
20190928_183407564.jpg
20190928_183410408.jpg
20190928_183413650.jpg
20190928_183420718.jpg
20190928_183423516.jpg
20190928_184005795.jpg
20190928_184452957.jpg
20190928_184455972.jpg
20190928_184909056.jpg
20190928_184912283.jpg
20190928_185846258.jpg
20190928_190317896.jpg
20190928_191114900.jpg
20190928_191118461.jpg
20190928_191255356.jpg

ごちそうさまでした。満腹です。
こちらの宿はこのくらいでしたが、料理にこだわりを持つ宿だと大変なことになります。(食べきれません。ここの船盛は一種類一~二切れですが、その倍以上のところもあります。)

次に朝食です。

20190929_074209835.jpg
20190929_075100982.jpg

朝食は山形の最上地方の宿の方が凄いかな?
でも、氷見の凄いところは、宴会グループのオヤジ達が朝食なのにビールと熱燗を頼んでいるところです。車4~5台で来ていたはずなんですが、朝からかなりのお召し上がりです。
酔っ払い運転=東北 のイメージは崩れ去ってしまいました。

食事の後ですが、ここはトイレも立派です。

20190929_082552999.jpg
20190929_082600406.jpg

夜中にトイレに行ったら、宴会グループのオヤジが個室の扉を閉めずに座ったまま寝ていたのにはびっくりでした。

今度はおぐちゃんでも誑かして、大先輩を誘って行ってみたいですね。(ビールは各人払いが条件です)




2019富山の旅(参日目その壱)_ひみ番屋街と高岡万葉歴史館。

IMGP3612.jpg

美岬 をチェックアウト。ひみ番屋街に向かいます。

IMGP3614.jpg
IMGP3615.jpg
IMGP3616.jpg

朝食の時間帯から営業しています。残念ながら宿の食事をいただいた後なので、そちらは素通りします。

20190929_093649167.jpg
20190929_093709457.jpg
20190929_094849242.jpg
20190929_094945362.jpg
20190929_095002438.jpg

高岡万葉歴史館に立ち寄ります。万葉集から 令和 が選ばれたという事で、ちっちゃな施設にもかかわらず、次々にマイクロバスがやってきます。(大型観光バスだとちょっときつい立地です。)

あとはひたすら6時間運転で仙台を目指します。
次の旅はいったいどこになるのやら!!

2019富山の旅(参日目その弐)_米山SA下りスナックコーナー。

20190929_130131774.jpg

お昼は米山サービスエリアでいただきます。
悩みながらも「海鮮かき揚げ丼(780円也)」を選択します。
観光バスが来るたびに席が埋まりますが、何とか席にありつきました。

20190929_130643975.jpg

スナックコーナーなのでそれほど期待はしていなかったのですが、結構美味しく仕上がっていました。

その後ちょくちょく休憩を入れ、無理をしないで富山から6時間のペースで自宅を目指します。

20190929_141509120.jpg

無事に自宅に到着です。

2019年9月のECO情報

WS000023.jpg

9月末に富山まで往復したので燃費はかなり良く出ています。
でも、下道で高燃費を稼いでも高速では小排気量の悲しさで、稼いだ分をばらまいてしまっています。
高速でも60Km/hくらいで走ればいいんでしょうが、それではみんなの迷惑になってしまいます。
でもACCのおかげで本当に楽な移動でした。

台風19号の思い出

20191012_132039575.jpg

台風19号は10月12日の深夜から13日の早朝にかけ宮城県に最も近づきました。丸森町や角田市、大郷町、大崎市などに被害をもたらしました。
ミイも職場にお泊り会となったので、キャンプ用ベッドとシュラフを職場に持ち込みました。
幸い、職場の方は何ともなかったのですが、三連休だったなずが体育の日だけの休日に・・・・・。
トホホ・・・・。

旬菜‐小豆_1910(その壱)

20191002_174813431.jpg

10月最初の小豆です。
お頭なんて中々粋ななお通しです。親方にはいつも楽しませてもらっています。
ただ、最近は本来の夜の部よりも昼のランチタイムの方が盛況だとか・・・・。
ランチだけではなかなか経営が難しくなるので、昼の客にも夜に覗いてもらって晩酌セットで良いので酒肴を味わってもらえればと思います。

優良顧客のミイたちは、今宵も焼酎のボトルを空にするのでした。

旬菜‐小豆



関連ランキング:割烹・小料理 | 北四番丁駅勾当台公園駅


カラ助 _1910

20191002_224827755.jpg

カラ助にやってきました。
大病を患って以来、〆にラーメンなどと言わなくなった大先輩から無理やり誘われてしまいました。
大先輩の身体の調子もだいぶ良くなってきたんでしょう。
こんな時は誘いに乗りましょう。
てなわけで入店です。
食券制の店なのに大先輩は先に席についてしまい、我々に促されて食券購入です。
ミイは「味噌野菜タンメン(値段については忘却の彷徨)」を選択します。

最初にミイとおぐちゃんの「味噌野菜タンメン」が出来たのですが、大先輩はおぐちゃんの分を横取り(本人は辛味噌タンメンを頼んでいたのですが全く気付いていない!!)するところでした。

ひと波乱ありましたがおいしく頂きました。

カラ助



関連ランキング:ラーメン | 勾当台公園駅広瀬通駅北四番丁駅



ラーメン 味鶏 _1910

20191004_222020828.jpg

味鶏にやってきました。
入口の券売機で「特濃味鶏ラーメン(830円也)」を購入します。
おばちゃんに「こちらにどうぞ」と促された席につきます。

20191004_222637931.jpg

食券を回収されると標準的な待ち時間で注文の品が運ばれてきました。
「熱いのでやけどに注意してくださいね。」との事です。

まずはスープを一口。
ご注意いただいた通り熱々です。しかも鶏!!鶏!!鶏!!という感じです。
麺は細目でスープに良く合います。

大変おいしゅうございました。

ラーメン 味鶏



関連ランキング:ラーメン | 勾当台公園駅広瀬通駅青葉通一番町駅


3回忌法要のお料理

亡父の参回忌法要を行いました。雨の予報だったのになんとか晴れてくれました。
忙しい中参列いただいた親戚の皆さんに心ばかりの振舞いを。

20191005_124539765.jpg
20191005_124542502.jpg
20191005_124546386.jpg
20191005_124929507~2
20191005_125846939.jpg
20191005_130334310.jpg
20191005_124552334.jpg
20191005_130844206~2
20191005_124549452.jpg
20191005_133646537~2

美味しゅうございました。

大志軒 多賀城店_1910

20191006_121110132.jpg

多賀城の大志軒にやってきました。昼時だからなのか待ち行列ができていて、それに接続しました。
そんなに長くは待たずにカウンター席に案内されました。
「シビカラ味噌(715円也)」を注文いたします。

20191006_122038819.jpg

料理の方もそんなに待たずに提供されました。
スープを一口。ピリ辛で美味しゅうございます。
麺の方もツルシコでちょうどいい状態。

前回は開業したての頃の訪問で、あんまり美味しくない印象だったのですが、行列ができる程に進歩したようです。
美味しゅうございました。

大志軒 多賀城店



関連ランキング:ラーメン | 多賀城駅


大衆酒場 ナミヘイ_1910

20191006_151954424.jpg

大先輩が大衆酒場を探してきました。日銀の近くにある「ナミヘイ」です。
さっそくお邪魔してみました。
この日は1階は埋まっていて2階に通されました。

20191006_170335595.jpg

大先輩はこの手の店は好きなんですが、決してキンミヤは頼みません。矛盾しています。
昆布割りは昆布茶で割るのかと思ったら、本物の昆布が入っていました。
本格的です。

キンミヤは一人3杯までと断り書きがありましたが、ミイは酒が弱いので2杯が限度です。
(この昆布割りの前に既に梅割りをいただいています。)目が回りだしています。

ビール腹でまだ余裕のある大先輩はもう一軒行くと言って聞きません。
お会計は完全に割り勘負けしているし・・・・・・・・。もうアップアップだし!!

学生時代を思い出します。

大衆酒場 ナミヘイ



関連ランキング:居酒屋 | 青葉通一番町駅広瀬通駅あおば通駅


バー アンディ_1910

20191006_184721950~2

ビール腹ではあるけど、アルコール許容量まで余裕のある大先輩に無理やり連れられて アンディ にやってきました。
ここはウィスキーが豊富なお店です。
余市 をいただきます。

20191006_194633333.jpg

フローズンカクテルもクラッシュドアイスがいい感じです。

蘊蓄を語る客が常にいるところが他の場所よりは一寸うざいかな。

でもウィスキー好きにはたまらないほどの種類を置いているし・・・・・。

こうしてまた今夜も夜は更けていくのでありました。

バー アンディ



関連ランキング:バー | 勾当台公園駅北四番丁駅広瀬通駅



成龍萬寿山 本店_1910

20191006_204430827.jpg

ナミヘイ でキンミヤにやつけられ、アンディ で余市にやつけられ、一刻も早く帰って寝たいのですが、勢いのついた大先輩ほど怖いものはありません。
「最近身体の調子が良くなってきたんで、ラーメン〆に食べて帰りたい。」と恐ろしいことをつぶやきました。

てなわけで、成龍萬寿山へとやってきました。
一階は満席で二階へ案内されました。
上海ラーメン(値段は忘却の彷徨)を注文いたします。

大先輩は万寿山ラーメンを注文したのですが、先に配膳された上海ラーメンを遠慮もなしで食べようとしてきたので全力でブロックします。
何時ぞやもこんなことがありました。困ったものです。

でも勢いって大事だな!!

成龍萬寿山 本店



関連ランキング:中華料理 | 勾当台公園駅北四番丁駅広瀬通駅


大衆酒場 おにやんま 仙台駅前店

20191008_174552104.jpg

この日はおぐちゃんから「やってられない」メールがたくさん届きました。
そんな時は一緒に酒でも飲んであげるのが大人の嗜みっていうもんです。
おぐちゃんが仙台駅方面にいるというので おにやんま に入店です。

この店もリーズナブルに陶酔できます。

美味しゅうございました。

大衆酒場 おにやんま 仙台駅前店



関連ランキング:居酒屋 | あおば通駅仙台駅広瀬通駅


アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

404

Author:404
居住地:仙台市青葉区
性別:♂
年齢:アラ還
資格:旅行業務取扱管理者
特殊無線技士
情報処理技術者
仕事:資格は全く生かしていない!
画像は東鳴子「旅館大沼」の「母里の湯」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR