FC2ブログ

ヒロ君と遊ぼう_1907(その伍)【安積パーキングエリア編】

20190714_161128350.jpg

ヒロ君との早めの夏休みを楽しんだ後は、現実に戻らなくてはなりません。
高速道で自宅を目指します。
安積パーキングエリアで休憩します。
ツバメの巣がありました。

20190714_161143974.jpg
20190714_161256572.jpg

汚されないよう、巣の近辺には注意書きが設置されていました。

もう一息、寝ないで頑張ります。
スポンサーサイト



玄米購入_1907

2019072702.jpg
福島の特定の商品が10パーセント引きになる、「旬食福来」クーポンを入手したので、楽天市場で玄米のお買い物です。

2019072701.jpg
 
今回はこちらにさせていただきました。
10%といえど、割引された方がいいに決まっています。
ありがとうございました。

松屋 仙台中央店_1907

20190719_212919388.jpg

駅前の 松屋 にやってきました。
店舗外の券売機で「牛めし あたま大盛(390円也)」と「生野菜(120円也)の食券を購入し、店舗に入ります。
入口の給水機で水を汲んで空いている席に座ります。
標準的な待ち時間で食券番号が呼ばれたので配膳カウンターに行き、食券と注文の品とを交換します。
その際、係は食券を半分にもぎり、領収書部分をお盆に返します。
再先ほどび陣取った席に座り食事を開始します。

昔の「干し野菜」とは全く違い、新鮮な野菜です。昔ながらのフレンチドレッシングで頂きます。
ドレッシングの味の方も進歩したようで、昔と違って鼻に来るすっぱみが無くなり、マイルドな味に変わっています。

美味しゅうございました。

松屋 仙台中央店



関連ランキング:牛丼 | あおば通駅仙台駅広瀬通駅


麺屋 翔_1907(その弐)

20190720_113525564.jpg
翔 にやってきました。
タイミングよく車も停められたし、券売機の待ち行列もありませんでした。

限定の「昆布水 親鶏つけめん(800円也)」を選択します。

フロア係に食券を渡し「大盛」でお願いします。

20190720_114709774.jpg

標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。

まいう~~~~~~~~~~

細麺使用なのがわかります。鶏スープをしっかり絡めていただきます。

改めて、大変おいしゅうございます。

らあめん花月嵐 上杉店_1907

20190721_212518396.jpg

上杉の花月嵐へやってきました。
家では晩御飯の用意が無く、遠くへ行くのも面倒なので近場で済ませます。
定番の「嵐げんこつラーメン_味噌(700円也)」の食券を券売機で購入します。

どこからどう見てもひとりにしか見えないのですが「お客様お一人様でしょうか?」と元気な声をかけられます。
カウンター席に案内され、食券を渡します。

標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。

ごちそうさまでした。

らあめん花月嵐 上杉店



関連ランキング:ラーメン | 東照宮駅北四番丁駅北仙台駅


しはち_1907

20190724_174225527.jpg

3年ぶり位で中々いっぱいで入れない繁盛店「しはち」にお邪魔することが出来ました。
平日だったので2時間ならという事でテーブル席に案内されます。

軽くの筈だったのに最後は日本酒で。

翌日は、なぜか最初の登録メンバーではなかった大先輩は、音信不通の状態に・・・・・・

大先輩のビール攻撃さえなければ美味しいうえにリーズナブルな価格設定のお店です。

しはち



関連ランキング:居酒屋 | 北四番丁駅勾当台公園駅


そばの神田 東一屋 名掛丁店_1907

20190726_203955256.jpg

そばの神田にやってきました。
あまりにも暑いので「冷しきつねそば(400円也)」の食券を選択しました。

配膳カウンターに食券を差し出し、お冷を汲んで立ち位置を確保します。

あっという間に注文の品が出来上がりました。

ヒンヤリとしていて美味しゅうございました。

そばの神田 東一屋 名掛丁店



関連ランキング:そば(蕎麦) | 仙台駅あおば通駅広瀬通駅


味噌三礎_1907

20190727_115218793.jpg

若林のミツマル製パンの並びの味噌三礎さんへお邪魔しました。
若干停め辛い駐車場に車を停め、玄関横の(店舗外ですのでご注意願います。)券売機で
「超熟成濃厚黒味噌(880円也)」を選択します。

入店するとカウンター席を進められ、食券回収となります。

20190727_115912491.jpg

標準的な待ち時間で注文の品が出来上がりました。

スープを一口
マー油がいい仕事をしています。

美味しゅうございました。

味噌三礎



関連ランキング:ラーメン | 長町一丁目駅河原町駅


いきなりステーキ 扇町店_1907

20190728_114553418.jpg

いきなりステーキ 扇町店 さんにお邪魔しました。 ここは昔 幸楽苑 のあったところです。
オープン当初は食事時は外にまで人が並んでいたのですが、最近はそれが落ち着いたので、
ようやくお邪魔することとなりました。

20190728_115755730.jpg

ステーキの注文は、この写真の奥の方に写っている注文カウンターで行います。
「ワイルドステーキ300g(1390円也)」を注文します。
付け合わせはコーンでお願いします。

ちなみにサイドメニューは席でフロア係を呼んで行うのだそうです。

20190728_115919620.jpg

かなり早いな!というほど早く注文の品が出来上がりました。
焼き上がりは超レアで、鉄板の余熱で焼き具合を調節するのだそうです。
ポットに用意されたステーキソースをかけたところ、鉄板の温度が下がってしまったようで・・
大好きなウェルダンのカリカリにする事は出来ず仕舞いでした。
それでもミディアムくらいまでは焼けました。

安い肉なので若干固めで筋入りですが、満腹になりました。

いきなりステーキ 扇町店



関連ランキング:ステーキ | 福田町駅


旬菜‐小豆 _1907 (その参)

20190730_175706812.jpg

この日はおぐちゃんから日本国政府は韓国をホワイト国から除外することが本当にできるのかについて語り合いたい。
と連絡が入りました。
会場の小豆で若干の酒肴と酒とを嗜みながら語り合います。

20190730_181756253.jpg

そんなことはもうどうでもいい!!
パンチャーだった庄子さんと一緒に今度呑もう!!
との結論となりました。

旬菜‐小豆



関連ランキング:割烹・小料理 | 北四番丁駅勾当台公園駅


中華そば 富士屋

20190731_124337057.jpg

猛烈に暑かったこの日は、並びが数人しかいなかったので待ち行列に接続、約10分後に店内カウンター席に招き入れられました。
本当に久しぶりとなります。
以前は、店主と東南アジア系のお姉さんが2人で切り盛りをしていましたが、この日は店主と日本人の元お姉さんが息の合ったコンビで店舗運営をしておりました。

お冷が提供されたので、すかさず「ワンタンメン(780円也)」を注文いたします。
暑かったためか、冷し中華を注文する客が多く、手間がかかるため、若干長めの待ち時間となっております。

20190731_125408675.jpg

ようやく注文の品が出来上がりました。

まずはスープを一口。
昔ながらの中華そばといった味です。しかもしょっぱすぎない所がGOODです。
麺を一口。
若干伸び気味の軟やわ麺です。
麺の固さについてはオーダーできません。この軟やわ麺がデフォルトです。
ワンタンを一口。
チャーシュウをつぶして餡にしているのでちょっとしょっぱめ。
スープが大人しいのでちょうどよくまとまっています。

大変おいしゅうございました。
暑い中並んだ甲斐があるというものです。

中華そば 富士屋



関連ランキング:ラーメン | 広瀬通駅勾当台公園駅青葉通一番町駅


2019年7月のECO情報

WS000012.jpg

7月は栃木まで一往復があったため燃費が伸びました。

しかし、昨年同月比で-5.1%となっています。

昨年の七月は県内のあちこちと、せいぜい山形まででしたが、フィットの場合は高速よりも一般道の方が燃費は良くなることが実証されました。

ラーメン魁力屋 あけの平店

20190803_131204337.jpg

富谷市あけの平にある魁力屋さんにお邪魔しました。
開店してからしばらくは並ばないといけないお店でしたが、今となってはそんな事は無いようです。
並ばずにテーブル席を確保できました。

「特製醤油ラーメン(702円也)」を、麺の硬さ 普通 背脂の量 普通 にてオーダーします。

20190803_131454921.jpg
20190803_131210384.jpg

店内をぼんやりと眺めていると、やがて注文の品が出来上がりました。

20190803_131459566.jpg

いかにも京都風ラーメンという感じです。
これがもう少し黒くなると富山ブラックへ、チャーシューが豚バラ肉になると秋田の末廣ラーメンに派生していくのです。
その由緒正しい大元の味をいただきます。
そうそう、ここはねぎ入れ放題です。
ネギ拉麺に味変します。

美味しゅうございました。

ラーメン魁力屋 あけの平店



関連ランキング:ラーメン | 富谷町その他


しゃくなげ荘1908_その1(駐車場からお部屋まで」)

IMGP3182.jpg

仙台の自宅を12時過ぎに出発して約3時間、赤倉温泉のしゃくなげ荘に到着しました。
駐車場のポールを自分でよけてから車を駐車場に停めます。

IMGP3184.jpg

車を停めたらまた駐車場のポールを車の前に置きます。
駐車場の向かいにあったはずの、この集落の入浴施設が無くなっていました。

IMGP3185.jpg

本館の佐藤旅館(今はもう営業はしていません)の脇を通って看板の通りに行きます。

IMGP3187.jpg

ここからは階段とスロープが続きます。

IMGP3188.jpg
IMGP3190.jpg

ようやく玄関が見えてきました。
外観だけを見ると、かなり古びた建物です。

IMGP3191.jpg

右側は一組しか利用できない炉端の部屋です。
左側は大浴場です。

IMGP3193.jpg

女将さんの足はさらに悪化したようで、フロントで宿帳の記入を終えたとこで、フロント前の長椅子を進めらえれ、冷たい麦茶をいただきます。お茶請けは玉こんにゃくでした。

IMGP3194.jpg

さて、お茶をいただいた後は、鍵を受け取り自分の部屋へ移動します。

IMGP3195.jpg

しゃくなげ荘は4部屋だけの宿です。写真右側がトイレになっていますが、どうやら使用するのは我が家だけの様です。

IMGP3377.jpg
IMGP3378.jpg

古いながらもきれいに清掃されています。

IMGP3196.jpg

今回も203号室を使用することになります。

IMGP3197.jpg

バスタオル、タオル、歯ブラシ、浴衣は特大、大、中から一枚選んで使用する方法です。二枚目以降は有料だそうです。

IMGP3198.jpg

空の冷蔵庫はコンセントのところにあるスイッチを入れると動き出します。

IMGP3201.jpg

マッサージ機は前回訪問時とは違う新しいものに変わっています。

IMGP3202.jpg

エアコンは我々の到着前から稼働中で部屋は適温です。

IMGP3199.jpg

高台に建っているので見晴らしは良好です。
脱水症状予防のため、さっそく持ち込みのビールで乾杯となりました。
建物は古いけど、清掃がきちんとされています。

しゃくなげ荘1908_その2(貸切の風呂の1)大浴場と古木林

IMGP3204.jpg

一息ついたら風呂三昧の始まりです。まずはさっき来たのとは反対の階段を下ります。

IMGP3206.jpg

まずは内湯の大浴場から

IMGP3208.jpg

更衣室はこんな感じ。
二人で使用する分には申し分のない広さです。

IMGP3209.jpg

脱衣籠はこんな感じ。

IMGP3210.jpg

貸切の札を立てた他に、内鍵を閉めます。

IMGP3211.jpg

浴室の隅の方には洗い場があります。

IMGP3212.jpg

15人くらいは同時に入れそうな大きさです。

IMGP3215.jpg

シャンプーバーもあります。

IMGP3207.jpg

大浴場を出て左手を見ると、左は小浴場、そして右は露天風呂への通路入口となります。

IMGP3246.jpg

その右側の露天風呂への通路へと進みます。

IMGP3247.jpg
IMGP3248.jpg

前回訪問時(2018年1月)は冬季閉鎖中だったために入れなかった 古木林 に入ります。
もちろん 貸切中 の札を出します。

IMGP3250.jpg

手前左奥が更衣室、奥に二つの陶器風呂があります。
前回訪問時の閉鎖期間中にそれまでの風呂から改装した模様です。

IMGP3252.jpg

更衣室はちょっと狭めです。二人同時使用は厳しそうな感じです。

IMGP3251.jpg

この写真の手前の方がちょっと熱め、奥の方が適温でした。
お湯の投入量の問題かと。

IMGP3268.jpg

2つの浴槽の間にはかけ湯があってここで身体を洗う事が出来ます。

しゃくなげ荘1908_その3(貸切の風呂の2)ゆ宝の湯と鬼胡桃

IMGP3272.jpg
IMGP3273.jpg

次にやってきたのは ゆ宝の湯。ここも 貸切中 の札を表示します。

IMGP3274.jpg

内鍵を閉めます。

IMGP3306.jpg
IMGP3278.jpg

通路を進むと脱衣スペースがあります。ここで脱衣して階段を降りると浴室があります。

IMGP3280.jpg

古木林は裏山に面していたため眺望は望めなかったのですが、こちらは開放感のある風呂です。

IMGP3289.jpg
IMGP3303.jpg

浴槽は、2人が余裕で入れる普通のエリアと一人分の寝湯になります。
温泉街を眺めながらのんびりすることが出来ました。

IMGP3316.jpg

今度は 鬼胡桃 にやって来ました。
ここはドアに入浴中の札があります。

IMGP3311.jpg

更衣室はこんな感じ。脱衣籠ではなく脱衣樽となっています。

IMGP3308.jpg

開放が一方だけなので、冬や雨の時は良いのでしょうが、今回のような快晴の時は開放感のある別な風呂の方が良さげです。

IMGP3309.jpg

こちらもかけ湯が用意してあります。

IMGP3343.jpg

最後の紹介するのは 山波 になります。(本当は小浴場もあるのですが今回は入りませんでした。)

IMGP3344.jpg

入浴中の表示をしたうえで内鍵をかけます。

IMGP3345.jpg
IMGP3347.jpg
IMGP3348.jpg

更衣室になります。
結構余裕があり二人で楽々着替えられます。

IMGP3350.jpg
IMGP3351.jpg
IMGP3354.jpg
IMGP3352.jpg

この風呂が一番開放感があるうえ広くて気に入りました。
4部屋に対して4つの露天と2つの内風呂がるので、必ずどこかへ入れます。
鳴子温泉と違い、全てが同じ泉質ではありますが、それでも浴槽ごとに温度が違うので好みの温度のところにのんびり入れば十分にリフレッシュできます。


しゃくなげ荘1908_その4(夕食編)

IMGP3317.jpg

6時半に部屋のインターフォンで夕食の準備が出来たことを知らせてきました。
階段を下りて真ん中の部屋に入ります。

IMGP3318.jpg
IMGP3330.jpg
IMGP3332.jpg

部屋では十分に持ち込みで飲ませてもらったので、食事会場ではビールをお願いします。

IMGP3319.jpg

最初はこんな感じで用意されています。
一品ずつのアップを

IMGP3321.jpg
IMGP3323.jpg
IMGP3324.jpg
IMGP3325.jpg
IMGP3326.jpg
IMGP3327.jpg
IMGP3328.jpg
IMGP3335.jpg


ここからは後出しになります。

IMGP3333.jpg

定番その1 茶碗蒸し です。いろいろ入っていてかなりの量です。

IMGP3336.jpg

定番その2 りんごのグラタン です。 ぶうちゃんは真ん中のグラタン部分だけを食べてリンゴを残していたのですが、リンゴが甘くておいしいのです。そのことを伝えると、おなか一杯と言いながら食べていました。

IMGP3337.jpg

定番その3 アサリ酒蒸し です。おいしゅうございます。
ご飯は無理なので芋煮だけにしてもらいます。

IMGP3338.jpg

IMGP3341.jpg
デザートのプリンはネットの情報によるとどうやら女将さんの手作りらしいのですが、市販品とは比べ物にならないほどおいしゅうございます。
別腹に入れるのであります。
何とか残さずに片づけました。
ごちそうさまです。





しゃくなげ荘1908_その5(翌朝編)

IMGP3363.jpg

朝風呂の後は温泉街を散歩します。 みどりや旅館の奥に最上川を渡る橋がありました。人道橋です。

IMGP3365.jpg

橋から見た奥の温泉街です。

IMGP3366.jpg
IMGP3367.jpg

日帰り温泉を見つけました。

IMGP3368.jpg
IMGP3369.jpg
IMGP3370.jpg
IMGP3371.jpg

正面から見るとそんなに大きく無さそうでしたが、奥行きを見ると結構大きな建物です。

IMGP3372.jpg

しゃくなげ荘駐車場のちょうど対岸です。

IMGP3374.jpg

潰れた あべ旅館 の前の橋を渡ってしゃくなげ荘に戻ります。

IMGP3376.jpg

旅館の前に立派な花が咲いていました。
部屋に戻ってしばらくするとインターフォンが朝食を知らせてくれました。

IMGP3380.jpg

一品づつアップで

IMGP3382.jpg
IMGP3383.jpg
IMGP3384.jpg
IMGP3388.jpg
IMGP3389.jpg
IMGP3385.jpg
IMGP3387.jpg

美味しゅうございました。
おひつには二人で軽めに2膳づつ頂いたのにあだ余る量のご飯がありました。

IMGP3393.jpg
IMGP3394.jpg

今回は最後に残っていたプランだったので(前回も同じ、高いプランから埋まっていくようです)一人12,600円(入湯税別)でした。この内容の風呂と料理なので大満足の旅でした。

尾花沢スイカ

20190804_102040928.jpg

しゃくなげ荘で英気を養った後は、猛暑の中東根経由で自宅を目指します。
途中、「おばね産直館はいっと」で一休み。
尾花沢名産のスイカを売っていました。

実は街に出てくる前に街道沿いの販売所があったので、自分用のものはそこで調達していたのですが、市況はどのくらいか確かめるのもあって立ち寄ってみました。

自分用に買ったものはこの半額です。C-6Lサイズのものを1,000円で手に入れていました。
おまけに試食もたっぷりさせてもらって。形が悪いだけで甘さは変わんないから。旨かったら来年も買いに来てちょうだい。
だそうです。
確かに甘くておいしいスイカでした。

七兵衛そば 東根店_1908

20190804_114445181.jpg

スイカを購入の後は七兵衛そばに立ち寄ります。
開店とほぼ同時に番号札をもらったのですが、この日は3~4人連れの客が多いため、30分程席が空くまで待ちました。
(平日は1~2人連れなので相席となって最初のクールに入れたのではないかという番号です。)

20190804_114420981.jpg

「盛りそば_大盛り(880円也)」を注文いたします。

20190804_114959610.jpg

注文から15分程すると、おかずが運ばれてきます。

20190804_115332112.jpg

おかずをつまんでいると、やがて注文の品が出来上がりました。
硬めのそばが美味しゅうございます。

七兵衛そば 東根店



関連ランキング:そば(蕎麦) | さくらんぼ東根駅神町駅


二丁目酒場 二日町店 _1908

20190802_174850642.jpg

おぐちゃんから、どうしても韓国のホワイト国除外の件について話をしたいので二丁目酒場に集合せよ。との連絡を受けました。適当なところで仕事を切り上げ、二丁目酒場へ向かいます。
何故かこの日はテーブル席ではなく、カウンター席に案内されていました。
テーブル席が全部埋まっている訳ではないのですが・・・

新しい場所を開拓した方がいいのかもしれません。

二丁目酒場 二日町店



関連ランキング:居酒屋 | 北四番丁駅勾当台公園駅


定食酒場 二代目なすび _1908

20190806_175056855.jpg

いつ見てもガラガラだったので、閉店しないうちに寄ってみようと、4月頃にオープンした二代目なすびにお邪魔してみました。
定食屋が夜は居酒屋をやってます。
的な感じでした。
周りの客も、居酒屋に来る客ではなく、定食のついでに酒を飲む。
様な人たちばかりでした。

結局二時間ほどいたのは我々だけで、他の客は長くても40分程度で帰っていく感じ。
呑むのには向かない感じでした。

定食酒場 二代目なすび



関連ランキング:居酒屋 | 北四番丁駅勾当台公園駅


仙台七夕【2019】

20190807_175315595.jpg

今頃のアップとなってしまいましたが、今年の仙台七夕を記録していきます。

こちらは地元の東照宮駅前。

20190808_101045096.jpg
20190808_101309705.jpg

こちらは仙台駅前のハピナ名掛丁。
飾りも大きく派手になっています。

しかしそれにしても暑い夏です。

松のや 仙台中央店_1908

WS000016.jpg

この日は人間ドッグを受診しました。
前日の20時から食事禁止です。
腹ペコで倒れる寸前で検査から解放されました。
てなわけでやってきたのが 松のや です。
入り口前の券売機で「得朝ロースかつ定食(400円也)」を選択いたします。

20190808_102555579.jpg

入店すると「お好きな席へどうぞ」と声がかかるので、カウンター席に陣取ります。

20190808_102903426.jpg

それでも揚げ物としてはあまり待たずに注文の品が出来上がりました。

それなりに美味しゅうございます。

松乃家 仙台中央店



関連ランキング:とんかつ | あおば通駅仙台駅広瀬通駅


雷_1908

20190810_115348296.jpg

雷 さんへお邪魔しました。
さすがに猛暑が続いているためか、ラーメン屋さんは空いています。

ラーメン屋さんも、暑さを乗り切るために(営業的に)冷たい麺をメニューに加えてくれています。
てなわけで、「まぜそば(880円也)」の食券を購入します。
カウンター席に座り、フロア係さんに食券を渡します。

標準的と思われる時間で注文の品が出来上がりました。
まぜそばなので、記念撮影後はぐちゃぐちゃに混ぜてからいただきます。

美味しゅうございました。

ラーメン 雷



関連ランキング:ラーメン | 黒松駅八乙女駅


盂蘭盆会_2019

20190811_114401539.jpg

10日ほど前のことになりますが、日本全国がお盆休みとなる中、我が家でも墓参りに行ってきました。
とはいっても、民族大移動には加わらず、仙台市内の墓地へのお参りとなります。

20190811_113439714.jpg

ご先祖様(と言ってもこちらの墓には父親しか眠っていませんが、同じ墓苑に祖父が眠っております。)
にご挨拶をします。

墓石はまだ新しいので、本気で洗浄する必要もなく、花を手向けて線香にバーナーで火を灯します。
(山の上なので結構風があり、ライターやマッチでは役不足なのです。)

今日までの生活に感謝して、是非とも宝くじで一等を当てられるように見守って頂けるようにと念じます。

これで次の宝くじこそは私が当てる事が出来るでしょう。

鬼がらし 栗生店_1908

20190811_120641293.jpg

栗生のラーメン激戦区にある 鬼がらし さんへ久しぶりにやってきました。

結構お客さんが入っています。レジ脇のカウンター席に辛うじて座ることが出来ました。
その後も次々お客さんが来て、待ち行列が発生しました。

「中辛味噌(750円也)」を注文いたします。
さすがに混んでいるだけあって次の次のロットとなりました。

20190811_122927829.jpg

一生懸命作ってくれているのはわかるのですが、待ちくたびれたところで注文の品が出来上がりました。

以前よりも万人受けするように辛みがそれ程ではなくなった様な気がします。
大辛にすればよかったかもと思いながら、ラー油と胡椒で味を調えます。

ガツンと来る味になりました。
美味しゅうございます。

鬼がらし 栗生店



関連ランキング:ラーメン | 陸前落合駅


仙台クラフトビールフェスティバル_2019

20190812_122942486.jpg

ビビビビビビビビビール! という催し物が勾当台公園で開かれました。(もうこの催しは終了しております。悪しからず。)
猛暑の中、なぜかこの手のイベントが好きではないおぐちゃんから誘われました。
お付き合いしないわけにはいきません。
ビール好きの大先輩を誘ったのですが返事なし!!
残念です。

20190812_123442696.jpg

まずは子供四号が昨年までお世話になっていた いわて蔵ビール をいただきます。
去年までとは違い、どこの店も強気の価格設定になっているようです。
テントの中は埋まっているので日光浴をしながら立ち飲みです。

20190812_123549580.jpg

ステージ上ではローカルタレントのライブをやっています。
音楽を聴きながらビールをグビグビといただきます。

暑い夏をビールで乗り越えます。

WS000017.jpg
(実行委員会Facebookの開催告知から引用)

今年は参加できずに悔しかった皆さん!!来年もきっとあります。
また来年!!

だし廊 -NIBO- _1908

20190812_155004617.jpg

国分町に出来た だし廊 さんへお邪魔します。
入り口直ぐの券売機で「煮干しの汁なし(700円也)」を発券いたします。
案内されたカウンター席に座り、食券回収となります。

20190812_155526470.jpg

店内をぼんやりと眺めていると、やがて注文の品が出来上がりました。

まぜそば と 汁なし とでは何が違うのか?と問われても簡単に答えることはできないな!などと思いながら、グチャグチャにしていただきます。
食べ終わるころになると、煮干しは汁なしよりも普通のラーメンの方が美味しい!という事がわかりました。(あくまでも個人的な意見です)
それでお美味しゅうございました。

だし廊 -NIBO-



関連ランキング:ラーメン | 勾当台公園駅広瀬通駅青葉通一番町駅


ラーメン天狗山 総本家_1908

20190813_120006048.jpg

天狗山にお邪魔しました。
前回訪問時とは店内のレイアウトが変わっていました。
南側の小上がり席の半分がテーブル席に変わっています。若干ですが席数も増えたような気がします。

辛うじてカウンター席に案内されました。(次の客からは待ち行列となりました。)

「味噌ラーメン(950円也)」を注文いたします。

20190813_122106410.jpg

ラーメン屋としては長めの約15分後、注文の品が出来上がりました。
ミイは単品だったので良かったのですが、隣に座った客は餃子を頼んでいたのですが、餃子だけが先に来てラーメンはミイの次のロットになってしまったようです。ひたすら餃子と睨めっこをしてラーメンができるのを待っていました。

若干強気な価格設定ではありますが、それなりに高級具材が使われているので、それなりの満足感はあります。

美味しゅうございました。

ラーメン天狗山 総本家



関連ランキング:ラーメン | 蔵王町その他


鶏居酒屋 ちらんや _1908

20190816_160640841.jpg

正月に訪問した時は タイガー だったお店が ちらんや に変わっていました。(居抜で変わっていたのは店名とメニューくらいかな?)
てなわけで、職場の体制に強い不満を持つ おぐちゃん と憂さ晴らしです。

知覧鶏 結構美味しゅうございます。

鶏居酒屋 ちらんや



関連ランキング:居酒屋 | 広瀬通駅青葉通一番町駅勾当台公園駅


アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

404

Author:404
居住地:仙台市青葉区
性別:♂
年齢:アラ還
資格:旅行業務取扱管理者
特殊無線技士
情報処理技術者
仕事:資格は全く生かしていない!
画像は東鳴子「旅館大沼」の「母里の湯」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR