FC2ブログ

ひなの湯_2012

伊勢そば を食して満足した後は、河北町の ひなの湯 さんへお邪魔しました。

20201204_133253443.jpg

自分で撮影したのはこれ一枚のみ。あとはお客さんがいたので撮影できずのため、施設の公式HP
より無断借用させていただきます。

場所は以下のところにあります。ここは大浴場の浴槽が寝湯、高温、普通の3種類。ほかにサウナ
があります。
料金は大人280円。もぎりの横に券売機があるのでそこで購入します。

WS000087.jpg
WS000088.jpg
WS000090.jpg

洗い場には、安物ですがシャンプー、ボディソープが備え付けてあります。
普通の方の浴槽は長湯ができるくらいの温度になっています。(おそらく42度くらいです)
お湯はあまり特徴のない ナトリウム-塩化物温泉 です。
塩素臭は感じられませんでした。

ゆっくりまったりさせていただきました。
スポンサーサイト



伊勢屋旅館_2011(弁当編)

伊勢屋さんは基本素泊まりの宿ですが、VIPルームには朝食の弁当が付きます。

20201115_070504214.jpg
20201115_070535472.jpg

素泊まりが基本なので電子レンジが各階にある他、2回には自販機コーナーもあります。

20201114_172715241.jpg
20201114_172718540.jpg

今回に夕食は飯坂の いちい さんで用意しました(写真は無し)。電子レンジが大活躍です。

帰り道、地域クーポン券を使いに あつかしの里 に寄りました。

20201115_091815331.jpg
20201115_112524358.jpg

伊勢屋旅館はこちらから予約ができます。





伊勢屋旅館_2011(風呂編)

まずは宿泊客で風呂が混みだす前に温泉に入ります。
目指すは別棟の 渓泉荘 です。
旧館の玄関を出て右側の門を出て、道路の向かいにある建物に移動します。

20201114_150725248.jpg
20201114_150747908.jpg
20201114_150821228.jpg
20201114_150837144.jpg
20201114_150848842.jpg
20201114_150902674.jpg
20201114_150915746.jpg
20201114_153249897.jpg
20201114_153256198.jpg
20201114_153302444.jpg
20201114_153308776.jpg
20201114_153315553.jpg
20201114_153330881.jpg

玄関でサンダルを脱いでスリッパでの移動です。
先客は二人ほど、体を洗っていると先に上がっていったので独泉となりました。
内風呂は若干熱いな!程度で入浴できましたが、露天の方は修行が足りないせいか1分間ほどしか入っていられないほど熱くなっています。
もう一度内風呂に移動したところで湯守さんが登場。
露天は44.5度だったそうです。道理で熱いわけです。

入浴後は若干のアルコールでリラックス。
テレビを見ているとフロントからや天風呂の時間となったのでどうぞと電話がかかってきました。

また旧館玄関まで移動、サンダルに履き替えて今度は左側に進みます。
中から鍵をかけて30分の貸し切りタイムとなります。

20201114_165651349.jpg
20201114_165736406.jpg
20201114_165817180.jpg
20201114_165836406.jpg
20201114_170102370.jpg
20201114_172432088.jpg
20201114_165841822.jpg
20201114_170118919.jpg

湯守さんが結構豆に温度調節をしてくれているようで大体43度くらいかな?
何とか修行を続けられる温度に保ってくれています。

またまた若干のアルコールを補給した後は、伊勢屋大浴場へ

20201115_044229465.jpg
20201115_044232991.jpg
20201115_044337488.jpg
20201115_044345680.jpg

食事の様子はまた次回



伊勢屋旅館_2011(部屋編)

またまた飯坂温泉の 伊勢屋 さんに行ってきました。
毎回同じような写真ですが、一応記録しておきます。

20201115_084838340.jpg

飯坂の いちい で若干のアルコールとつまみ、そして軽めの夕食を買い込んで、到着は若干フライングの2時50分頃となりましたが、快く受け入れてくれました。
コロナ対策で手指部の消毒と検温があり、無事合格となり宿帳を記入、野天風呂の予約と朝食の時間を決めた後、何回も泊ってるからと案内を辞退して鍵とGOTOの地域クーポン券をもらって勝手に部屋に移動します。

部屋は3階(玄関が2階)の303号室VIPルームです。
VIPルームはユニットバスではありますが、部屋風呂が温泉です。
浴衣、タオル、バスタオル、歯ブラシが用意されています。
部屋風呂にはシャンプー、リンス、ボディソープがあります。
トイレは温水洗浄タイプだし、冷蔵庫(冷水2本はサービス)もあります。
通常はエアコン使用ですが、寒い時用のファンヒーターもあります。
布団は先に用意されています。敷き布団はもう少し厚いかマットレスがあってもいいかなと思うけど、掛け布団は羽毛かな?軽いので楽々です。

20201114_154403166.jpg
20201114_145921954.jpg
20201114_145944771.jpg
20201114_145932511.jpg
20201114_145937330.jpg
20201115_083230402.jpg
20201114_150022745.jpg20201115_083212740.jpg
20201114_150001418.jpg
20201114_150012232.jpg
20201114_150402162.jpg
20201114_150412409.jpg
20201114_150424288.jpg

まずは乾杯の前にせっかくなので温泉に入ります。
(次回に続く)





飯坂温泉 花乃湯_2009(朝食の紹介)

朝風呂は5時から営業開始です。
さっそく一番風呂に入ります。

窓の外はこんな感じでした。

20200920_085509569.jpg
ちょうど川の向かい側に足湯があります。
夕べはアベックが足湯につかりながら愛を確かめ合っていました。(チューしてただけだよ!)
朝は誰もいません。

20200920_085515979.jpg
下流側はこんな感じ。

20200920_085528501.jpg
上流側はこんな感じです。

鬼怒川温泉ほどではないのですが、廃墟も目立ちますね。

20200920_075924030.jpg
電話が来て朝食の用意ができたことを知らされました。
昨晩と同じ食事場所へ移動します。
セットがしてあって、席に着くとご飯とみそ汁が運ばれてきます。
朝食時はぬかりなく配膳されました。

朝食後は少し休憩した後、最後のお風呂をいただきます。
結構同じ考えの人がいたので4人ほどでの入浴となりました。

20200920_085547412.jpg
寝た後の布団が写って申し訳ありません。
ぼんやりとテレビを見ながら汗が引くのを待ちます。

汗が引いたところでチェックアウトとします。
おかみさんに飴玉やチョコの入った小袋をいただきました。
さっそく帰り道になめながらの運転です。
リフレッシュすることができました。


飯坂温泉 花乃湯_2009(夕食の紹介)

6時半になりました。
自発的に5階の食事会場へ降りていきます。
部屋番号の書いてある席に座ります。

20200919_183721497.jpg
最初のセットはこんな感じ。宴会用のお膳の上にお膳をセットして椅子で食べられるように工夫がしてあります。
料理を一品ずつアップで!!

20200919_183736036.jpg
20200919_183741752.jpg
20200919_183745601.jpg
20200919_183739263.jpg
20200919_184157302.jpg
20200919_184217829.jpg
20200919_185150590.jpg

20200919_185524424.jpg
後出しの天ぷらが運ばれてきました。

ビールを飲み終えたのでご飯を頼みます。

なかなか出てきません!!
ようやく運ばれてきたのですが、お吸い物が来ません。(写真は撮り忘れ)
すべてを食べ終わりました。
宴会料理のプロトコールではご飯とともにお吸い物。
それからちょっとするとそばが運ばれてきて、そばを食べていると最後にデザートが運ばれてくるのが基本なのですが。
しばらく待ってみますが、久しぶりの満員御礼で厨房が回っていないようです。
満腹になったので部屋のみにしようと席を立ちます。

気づいた仲居さんから「不手際があって申し訳ありません。デザートはお部屋に運ばせていただきます。」と一言いただきました。
部屋のみをしているとそば代わりの「素ラーメン」と「デザート」を運んでいただきました。(写真撮り忘れ)
ブラタモリを見ながらおいしくいただきました。

長くなったので朝食の話は次回。

飯坂温泉 花乃湯_2009(お風呂の紹介)

ここ花乃湯にお世話になるのは3回目。

施設はくたびれているし、部屋の壁が薄くて隣の音が気になるけれど、料理がおいしい(決して高級食材を使っている訳では無さそうですが、料理のセンスがあるんでしょうね!)ので、直前になって楽天トラベルで予約しました。

シルバーウィーク中なので、結構埋まっていてどこにしようか迷うほど選択肢はなかったけど、ここならOKとポチっ!!しちゃいました。

今回はふろの紹介です。
この宿は川べりに建っているのでエレベーターは3階から7階までしかありません。
玄関が4階、泊っている部屋は7階、そして風呂が1階になります。
3階からは階段を下ります。

20200919_144707104.jpg

元々は混浴だったであろう作りです。左右に脱衣スペースがあり、浴室への扉も2か所あります。
(女湯は6階にあります)

20200919_144808309.jpg
川に向かって右側を写した図になります。

20200919_144820022.jpg
こちらは反対側を写した図です。

20200919_144833749.jpg
浴槽は10人くらいは入れそうです。
宿は結構にぎわっていましたが、ご一緒となったのは最大で4人ほどでしたので、三密は避けられたと!!

お湯は飯坂なので激熱でしたが、誰かが加水してくれたおかげで、普通の温度でゆっくりとできました。
誰かが加水してくれていたのですが、そのままになっています。
最後に上がるときは蛇口を閉めるのを忘れずに!!

20200919_151144268.jpg
3階エレベーター前に風呂用アメニティのコーナーがあります。ドライヤーもこちらにあります。
脱衣室が狭いので苦肉の策なのでしょう。

いいお湯でした。

飯坂温泉 花乃湯_2009(お部屋の紹介)

GO TO トラベル キャンペーンを利用して、飯坂温泉の花乃湯さんにお邪魔してきました。

シルバーウィーク期間中ということもあって、今年の正月以来の客の入りだったそうです。
それでも、コロナを考慮して、食事会場に余裕を持たせているので満室にはならなかったそうです。
久しぶりの大繁盛とあって、食事時にトラブルがありましたが、フォロー体制ができているので気になりませんでした。
おかみさんと仲居さんがしっかりしているので、この宿は持っているのでしょう。
さすがに経年劣化が目立ってきていますが、番頭さんの「ここは施設は古いけど料理がおいしいので結構固定客がいるんです。」と言うのも頷けます。

まずは部屋の様子を紹介します。

20200919_144533108.jpg

エレベーターで7階に上がってきました。現在は8階は使用していないようなので、最上階ということになります。
ちなみに玄関は4階です。

20200919_151450203.jpg
20200919_151434098.jpg

701号室が今夜の部屋となります。バスルームは鍵がかかっていて使用できません。

20200919_144112224.jpg
20200919_144121252.jpg

洗面台に下水配管が詰まり気味で、前室に水を溢れさせていました。(洗面台からではなく配管からの溢水です)
トイレは暖房便座付きですが、温水洗浄はついていません。

20200919_144052536.jpg
20200919_144103667.jpg
20200919_144034416.jpg

仲居さんに案内されて部屋まで来ました。
夕食は18時半になったら自発的に5階の食事処に降りていくこと。朝食は8時ころに電話が来るので夕べと同じ場所に降りていくこと。町内の外湯めぐりをしたり、コンビニへ買い出しに行く際は鍵をフロントに預けること。夕食時の持ち込みも可能なので、散歩がてらコンビニで用意してもらって結構です。など諸注意をいただきます。

お湯のポットと冷水のポットが用意されています。
布団はすでにひかれていました。
テレビはコイン式の機械がありますが、そのまま見放題でした。
浴衣、バスタオル、タオル、歯ブラシ、ビニールバッグ(名入り)が用意されています。
エアコンが一生懸命稼働していますが、若干能力不足という感じ。でも真夏ではないので大丈夫!!

部屋の確認が終わったのでお風呂に出かけます。

伊勢屋旅館_2007(食事編)

夕食は飯坂温泉のスーパーで買ったお惣菜でした。

でもここは素泊まりの宿。ちゃんと電子レンジがあります。

20200711_202936056.jpg

これは2階(玄関フロア)のレンジコーナー。
横にはカップ麺の自動販売機もあります。
冷水、冷茶、お湯のポットも用意してあります。

翌朝は7時。
フロントに弁当を取りに行きます。

20200712_070519941.jpg
20200712_070557965.jpg

おにぎりは温かい状態です。
朝から満腹になるほどの量があります。

朝食後は最後に部屋風呂に入った後にチェックアウト!
チェックアウト時は部屋の鍵を鍵箱に返すだけ!!

いいお湯でした。


伊勢屋旅館_2007(風呂編)

まずは別棟の渓泉荘大浴場を目指します。

20200711_200124486.jpg

あまりのショックでピンボケしてしまっていますが、渓泉荘は臨時休業だそうです。
仕方がないので伊勢屋大浴場へ

WS000160.jpg

今回は常に人がいたので(これが普通なんでしょうね)宿のHPから無断借用。

早朝に入った時は、熱くて入っていられないと思ったら、湯守さんが来て44.5度まで上がってしまっていて熱くてすみませんとの事。
この時期は川面の窓を全開にして大型扇風機で川の涼しい風を浴室に導入することで適温を保っているそうなのですが、何者かが扇風機を止めてしまっていたそうです。

貸切露天の時間がやって来ました。

20200711_200141316.jpg
20200711_200155107.jpg
20200711_200300119.jpg
20200711_200311852.jpg
20200711_201013349.jpg
20200711_201024299.jpg

前回はまだ明るい16時からだったので、今回は20時からにしました。
若干熱めだったのですが、貸切なので加水させていただきました。

まったり温泉三昧です。
                                                   ~食事の様子は次回~

伊勢屋旅館_2007(部屋編)

長い長い自粛期間が終了したので(だんだん陽性者が増えてきており第二波ではないかとも思われますが)
県を跨いでの温泉旅行となります。
素泊まりの宿 飯坂温泉伊勢屋旅館 にやって来ました。

20200711_151013678.jpg
20200711_151708103.jpg
20200711_151711647.jpg
20200711_151718401.jpg
20200711_151731234.jpg
20200711_151750334.jpg
20200711_151801598.jpg
20200711_151810606.jpg

こちらの良いところはVIPルームのプラン限定になりますが、部屋風呂(温泉)、トイレ、冷暖房が完備なうえ、弁当ですが朝食もついていて、露天風呂の貸切も30分ですができるところです。
まずは持ち込みの品を冷蔵庫に格納。
部屋の確認をしたところで外風呂へGO!!
                                                              ~風呂編へ続く~

べに花温泉ひなの湯_2007

WS000148.jpg

河北町の ひなの湯 さんにお邪魔しました。

20200703_105520537.jpg

ロードサイクルでここまで来て入浴するグループがいました。
なかなか健康的です。

みいは愛車フィットでの訪問、まっ!いいかっ!!
浴室は他の客が常にいたので、施設のホームページから無断借用させていただきました。

コロナ対策のため、サウナが休止となっていました。
残念。

WS000146.jpg
WS000147.jpg

湯温設定は42度くらいかな?(あくまでも体感なのでいい加減です)
ゆっくりたっぷり入浴することが出来ました。

伊勢屋旅館_2003(其の参)

20200404_173026544.jpg

伊勢屋 は、基本素泊まりの宿です。男子浴室の前には電子レンジ、ポット、冷水、冷茶等のサービスコーナーがあります。カップ麺の自販機もあります。

晩飯は出発時に近場のスーパーでお惣菜を仕入れていきましたので、電子レンジが大活躍です。

せっかく温泉に来たのですから、狭い部屋風呂ばかりではちょっと!!
三密を避けて、夜遅くと朝早くに大浴場にやって来ました。


20200405_054305534.jpg
20200405_054338184.jpg
20200405_054344456.jpg
20200405_054416596.jpg
20200405_054423100.jpg

館内略図があったので

20200405_055858422.jpg

朝食弁当は朝七時にフロントまで取りに行きます。(時間は指定できます)

20200405_070402576.jpg
20200405_070438595.jpg

美味しい弁当です。量もたっぷりです。

ちょうどいい保養になりました。




なお、伊勢屋の記事は緊急事態宣言が発令される前の出来事を記事にしております。

伊勢屋旅館_2003(其の弐)

今回のプランは露天風呂を30分貸切に出来ます。
時間の5分ほど前に準備が出来たことを知らせる電話が部屋にかかってきました。
昔の玄関の前で係が待ち構えていました。
露天風呂の他、隣の建物(渓泉荘)の風呂も20時までは入浴できることを案内いただいて、内側からの鍵の掛け方を教えてもらいます。
丁度桜の木があり、花見をしながらの風流な湯浴みとなりました。


20200404_182633546.jpg
20200404_165931044.jpg
20200404_165937185.jpg
20200404_170323038.jpg
20200404_170737245.jpg
20200404_171612428.jpg

せっかく教えてもらった渓泉荘ですが、行ってみたところ下足が沢山あったため三密を避けるために入浴をあきらめました。
伊勢屋源泉とは異なる源泉なので残念ですが、コロナに罹らないためにしなくてはなりません。

なお、伊勢屋の記事は緊急事態宣言が発令される前の出来事を記事にしております。

伊勢屋旅館_2003(其の壱)

飯坂温泉伊勢屋 に行ってきました。
もちろん 緊急事態宣言 の出る前のお話です。
ここは基本素泊まりの宿。
ちょっとだけ贅沢に朝食弁当、部屋風呂(もちろん温泉)、トイレ、露天風呂貸切入浴付きのVIPルームに泊まりました。
チェックインはずるっこして2時45分頃。待たせてもらうつもりだったのに部屋に案内してもらえました。
部屋には既に布団が敷かれています。
浴衣、羽織、歯ブラシ、タオル、バスタオル、ブラシ、髭剃りが用意してあります。
冷蔵庫(ミネラルウォーター2本)、ドライヤー、金庫、ファンヒーター(使用せず)、お湯ポットがあります。
洗面所の水が飲用不適のためミネラルウォーターは無料でいただけます。
風呂は15分くらい長し続けるとようやく熱い飯坂のお湯になります。(ちゃんと飯坂温泉臭がします)

農民の家がつぶれてしまったのですが、替わりの良い宿を見つけました。

20200405_091648908.jpg
20200404_145801037.jpg
20200404_145810465.jpg
20200404_145817794.jpg
20200404_145822047.jpg
20200404_145839810.jpg
20200404_145851704.jpg
20200404_145900695.jpg
20200404_145921963.jpg

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

404

Author:404
居住地:仙台市青葉区
性別:♂
年齢:アラ還
資格:旅行業務取扱管理者
特殊無線技士
情報処理技術者
仕事:資格は全く生かしていない!
画像は東鳴子「旅館大沼」の「母里の湯」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR